海外2ヶ月目で英語テストの結果 | シティーホテルの内定ゲット(Versant)

こちらの記事は動画でもご覧頂けます!

 

こんにちはとなみん です!

オーストラリアに引っ越して約2ヶ月が経ちました

その後英語の実力の変化が気になるところだと思います

参考までに4ヶ月前【PROGRIT(プログリット)】で学んでいた時私はTOEIC775点の実力です


私の今までの細かいところの英語力が気になる方は

以下のようにYoutubeで外人との会話のサンプルが沢山転がっているんで参考にして下さい

英語スピーキングテスト(Versant)の結果

 

今回、実践的な英語力をはかるためにVersantというテストを受けてみました

スマホからたった20分で発音・流暢さ・語彙・文章構文の観点でスピーキング力をテストされます

 

国内外の大手グローバル企業での採用のほか、米国防省やオランダ政府移民局などの政府機関でもそのシステムが導入されるなど、信頼性の高いテストです。

https://www.versant.jp/

 

値段は、5000円です

私はネイティブキャンプ のキャンペーンで今回無料で受けられました

では早速結果ですが、

こんな感じでした

45点です

20〜80点満点のテストなので、半分以下です。。。

正直TOEICとかより、全然難しかったです

音声が篭っていてリスニングし辛かったです

また、4項目のスコアを詳しく見ると、

 

と言われてますが、

まあ特別なものはなく、どれも中途半端な結果ですねw

具体的に何ができるか言われる箇所では、

 

とりあえず、日常会話レベルってことですね

Versantのスコアの目安・TOEICに置き換えると

 

Versantのスコアの目安は以下の画像のようになっています

私は中の下のA2というレベルらしいですね

このA2、B2やC1というのはヨーロッパで用いられている言語のレベル基準らしいのですが、

私たち日本人には見慣れない指標ですよね、

するとなんとテスト結果の下の方に私の点数に対応するとされる各試験のスコアが記述されていました!

勿論見慣れたTOEICの点数にも置き換えられています

ガーン

点数落ちてる・・・

高くても720点という評価を頂きました

まあ当たり前ですよね、スピーキングのテストで判断されてるので

今までメインに勉強したリーディングとリスニングより低くなってしまうのは

日本人の平均スコアと海外赴任の最低レベル

 

調べたところ、

日本人の平均スコアは38点らしいです

そしてどうやら、47点以上が海外赴任の最低レベルらしいです

私は海外赴任できないのかー、、、

正直言って仕方ないかなって思っています

オーストラリアに来てからは、忙しかったり新しいストレスがあって日本にいた時の

3分の1以下しか勉強できていません

それに今まで英語の実力にしていたTOEICも、それ専用のコツがあって

私に本当に775点の実力があるかって言ったら微妙なところです

 

ただ、今回伝えたいのはこのくらいの実力でも海外では生きていけるんだよということです

海外赴任は厳しいと言われましたが、

実際2ヶ月前にオーストラリアに引っ越して外人のシェアメイトたちと同じ家に住んでいます

仕事も見つかりますし、死ぬことはありません

少しでも英語に自信を持てたら、海外に行ってみて自分の実力を試してみよう

仮にタイミングや運で上手くいかなかったとしても、また日本に帰ってもう1度勉強し直すだけです

何ために英語を勉強しているのか?

それは、海外の文化を知るという興味が湧いて来ているからのはずです

英語をものにしたいのなら、現地の体験という本質を避けて通ることはできません

オーストラリアでホテルの仕事ゲットしたが、、

 

オーストラリアに来てから、現地での仕事は

中国人が経営するジャパレス(違法賃金の仕事)しかやったことありませんでした

ただ何と今週にローカルホテルから仕事のお誘いが来ました!

これはとっても嬉しかったです

なぜなら、私は就活で50社以上レジュメ(履歴書)を出しに行ったのですが、

ホテルから連絡を貰えたことがなかったからです

レストランとホテルの半分づつでレジュメを配っていましたが、

レストランの反応は3件、ホテルは0件でした

困る会社員
自分もシティ内部のホテルって見た目からも高級そうだし、自分が働けるわけないよなー

正直そんな気持ちでレジュメ配りをしていました

その中でこの連絡だったので本当に嬉しかったです

断った理由

ただ結果、私断りましたw

えーなんでとなるでしょうが、

この2ヶ月日本食レストランで働いたり、シェアメイトやAribnbゲスト(同居人が運営する)などの話を聞いたり

現地で様々な体験をしていく中で、オーストラリアも日本も結局人が求めるものは一緒だと気付いたからです

海外でレストランまたはホテルのハウスキープで働いても、結局本質は日本で働くのと一緒です

私もそうでしたがずっと日本にいる側から見ると、

海外でレストランやホテルでも何かしら現地の仕事をしている人に憧れがあります

でも一緒です、その割に日本でこういったホスピタリティー系の仕事が嫌だと言う人が多いです

確かに英語が使えて伸びるからというのもありますが、

ぶっちゃけ仕事の英語ほとんどパターンです

一通り覚えたら、そこからは自分で工夫しないと伸びません

そもそも自分の能力を伸ばすために仕事を探すというのはおかしな考え方です

能力は自分の余暇を削り投資して、はじめて得られます

仕事はお金を貰う責任が生じるので、カスタマーファーストにならないと後に信用を失います

なので、私は本当にサービスに共感できるものしか働く気になりません

 

もう1つの理由は、連絡が遅すぎたんですよねw

私がレジュメ配りしていたのは1ヶ月ちょっと前になります

現地の仕事ではありませんが、既にプログラミング関係でリモートワークをしております

時給もこちらより良いですし、今Youtubeなどに集中したいので断りました

 

なので、この仕事は同居人のインド人が仕事探しに困っていたので紹介してあげましたw

サンキュー!

オーストラリアに来た理由

結局海外に来たかったのは、もちろん英語もあるんですけど

この辛い体験や自信が欲しかったからです

まず日本でも、お店に直接仕事下さいなんて頭下げること絶対にできなかったのに、
敷居高そうな高級ホテルにそれが言えるなんて大成長と思ってます

海外赴任できないレベルと判断されましたが、他人からの評価は関係ありません

自分の道は自分で切り開くので

英語学び直して半年たらずの私でも行けたので、本当に度胸次第だなと感じます

ただ確かにテストの結果は悔しいので、今後も勉強頑張りますw

いつまでもテストの結果に左右されず、自分の指標で決断しよう

大卒後0からの英語学習に私が選んだのは…


実際に結果を出すことができました

  • 2ヶ月でTOEIC約300点アップ(480→775)
  • 1ヶ月で日本人がいない英語圏(アデレード市)で生活できるレベルまで

無料カウンセリングだけでも実力診断・学習理論・個別カリキュラム作成と非常に価値がありました

強引な勧誘は一切ありません(実際私は受講の1年前はお断りしています)

自信を持って1度話を聞いてみることをおすすめします

関連記事

こちらの記事は動画でもご覧頂けますhttps://youtu.be/rLVaxo_INIc🔽動画から来た方はこちら🔽プログリット(PROGRIT)の公式ページを見る[…]