初心者が本格的なブログ・ホームページを作る方法 | 副業・マーケティングに使える

この記事は上記のYoutubeでもご覧になれます。

必要なもののまとめ
お名前.com【Webの住所となるドメインの取得】
エックスサーバー【住所に建物を設置するレンタルサーバー】
THE THOR(ザ・トール)【SEOに強いワードプレスのテーマ】

Web上に自分のブログまたはホームページを作ることは実は超簡単です。

まず、Web上にそういった自分のコンテンツ(メディア)を作るには、置き場所となるWeb上の住所「ドメイン(URL) 」と言われるものが必要になります。

 

ほとんどの人がTwitterやInstagramなど独自のSNSアカウントを持っていますよね。

普段はアプリからSNSを使っていると思いますが、もちろんSafariやGoogle ChromeなどWebブラウザから使うことも可能です。

Webから実際に自分のプロフィールを見てみると、URLが必ず全世界のWebにおいて被らない独自の文字列になっているはずです。

つまりSNSアカウントを作成すると、サービス提供者側があなたに独自のドメインを与えてくれています。

それと同じように、自分独自のドメインさえ取得してしまえば、Web上でどんなものでも作れるようになります。

 

困る会社員
でも、ブログやホームページを作るのはハードルが高そうだな〜

と思うかもしれませんが、ブログやホームページも名称が変わっているだけで、SNSと同じ単にWeb上でコンテンツを作るWebサービスと変わりがありません。

ブログもホームページもSNSと同じもので誰でも簡単に作れる

Webの住所となる独自ドメインを取得する

 

とりあえずドメインさえあれば、ブログ・HPを作ることができるとわかりました。

では、ドメインはどうやって取得すれば良いかというと超簡単で、ドメイン管理会社というのがあるので、そこから一定期間分を買うだけです。

ドメイン管理会社で最も有名で最大級なのは、お名前.comでしょう。

 

 

私もこちらを使っていますが、あまり他の業者を好んで使っている人を聞いたことがありません。

というのも、ドメインはWebサービスの信頼感に繋がる重要なものだからです。

皆さんがWeb上でよく見るサイトのURLの末尾は「〜.co.jp」又は「〜.com」ではないでしょうか?

ドメインの末尾が「〜.xyz」や「〜.work」などのサイトより信頼感は少し増しますよね。

なので、上の画像のようにドメインの末尾だけでも価格が異なるんです。

 

お名前.comでのドメインの取得方法は、自分が設定したいドメインの文字列を入力して検索するだけです。

適当に「test」を5回繰り返した文字列を入力して検索しました。

すると以下のように、使用可能なドメイン末尾と合わせて被っていないものに空きがあるかどうかを出してくれます。

 

今回入力したドメインは、「.com」と「.net」が他の人が契約中、「.inc」と「.xyz」が使用不可でそれ以外は使用可能となっています。

今回は適当に入力しましたが、ドメイン名の決め方は訪問者にとって自分のサービスやコンテンツが想像しやすいものにすると良いです。

ただ誰かに使われてしまっていることも多いので、多少は妥協が必要です。

自分の名前やニックネームとかだと被りにくくて良いかもしれません。

私もあだ名が「となみん」なので、そのまま「tonaminn.com」というドメイン名にしました。

末尾のおすすめは、企業ホームページだったら「co.jp」、普通に個人用だったら「.com」です。

これで全世界で1つしかないドメイン名をゲットできます。

 

驚く会社員
えこれだけで、自分独自のWeb上のアドレスを作れるの?!
自画像
そうなんです、とても簡単なんです。これなら、誰でもできると思いませんか?!

ちなみにお名前.comなどを使わず、自分でドメインを用意しないでWebサービスを展開する方法もあります。

それは、アメーバブログ・はてなブログ・noteなどブログサービスやwix・ペライチなどホームページ作成サービスを使う方法です。

これらはTwitterやInstagramのSNSサイトと同じように、ブログ又はホームページを作成すると同時にドメインとなる独自URLが与えられます。

しかし私は、その方法はおすすめしていません。

なぜなら、これらのサービスを使うと独自ドメインにそのサービスの名前が組み込まれてしまうからです。(〜wix.com・〜note.comなど)

また広告をつけなきゃいけないなどの制約が多いです。

レンタルサーバーで住所に建物を立てる

ドメインを取得するだけでは、住所が取得できても建物(内容)を作成できません。

サーバーというドメインに設置する内容(コンテンツ)を管理するものを契約する必要があります。

レンタルサーバーを提供する会社も様々ありますが、最もおすすめなのはエックスサーバーです。

私もこちらを使っていますが、高機能でセキュリティー性が高く値段もお手頃です。

最初に1週間ほどの無料期間があるので、そこで試してから購入を検討することが可能です。

メディアの運営は時間がかかるので、とりあえず1年くらいで契約するのがおすすめです。

私も最初はそうして1年づつ延長しているような感じです。

これでサーバーが使えるようになったので、取得したドメインと連携させます。

ログイン後に新規登録の際に設定したサーバー管理ページ(サーバーパネル)に移ります。

設定できる項目が沢山ありますが、普段使うようなものは決まっているので安心してください。

このメニューからドメイン設定という項目からドメイン設定追加のボタンを押します。

そして先ほどに取得したドメインを入力するだけです。

これでサーバーとドメインの連携は完了です。

ワードプレスでWebサイトにコンテンツを作成する

住所と建物がそろったので、あとはコンテンツとなる家具を作成していくだけです。

そこで使うのが、ワードプレスという無料のWebコンテンツ管理システムです。

これさえあればWebの知識やプログラミングスキルがなくても、本格的なWebサイトを作成することができます。

非常に便利で情報量も多いので、世界の1/4がワードプレスによって作られているくらいです。

 

今回これをインストールしていきますが、先ほどのエックスサーバーのサーバーパネルから簡単に行えます。

WordPress簡単インストールという項目からWordPressインストールのボタンを押します。

これらの設定が終了した後、インストール済みWordPress一覧というところで確認ができます。

そうすると管理画面URLというものが発行されているのでクリックします。

すると、WordPressにログインする画面が出てきますので、先ほど設定したメールアドレスとパスワードを入力します。

するとWebサイトのコンテンツの管理画面のダッシュボードが出てきます。

左側にメニューがズラりと並んでますが、最初に使うのは投稿の項目です。

投稿の項目から新規追加を押して第1歩目となる記事を作成してみましょう。

ちなみに私はプラグインというもので管理画面をアレンジしているので、皆さんの画面と少々異なっています。

投稿は上記のようにタイトル、内容を入力したら公開ボタンを押すだけです。

そして、実際にその投稿を閲覧してみるとページが作成されているはずです。

大分こちらもいじっていますが、皆さんの方でもシンプルな投稿が確認できたと思います。

これで、記事の投稿ができるようになりました。

あとはどんどん記事数を増やして自分のメディアを成長させていくだけです。

困る会社員
確かにとても簡単だね。でもやっぱり見栄えが寂しいから見本みたいなかっこいい記事がつくりたいけど、難しいんだろうな〜
自画像
ですよね、いえ実は私のサイトのようなものも簡単に作れます。WordPressにあるテーマというものを使うだけでデフォルトでかっこいいデザインを作れるようになります。

テーマはダッシュボードの外観の項目からテーマの追加のボタンを押します。

すると、このように沢山のデザインから設定ができます。

しかもこれらは全部無料なんです。

驚く会社員
えこんなかっこいいデザインが全部無料なの?!
自画像
そうなんです、初めたては色んなテーマを設定して試してみることをおすすめします。

ただ無料のテーマもかなり優秀なのですが、実際には少し設定が難しかったり思うようなデザインが作れないことがあります。

そこで私は無料テーマで少し使い方に慣れたら、有料テーマというものを導入することをおすすめします。

有料テーマとは、基本的にどこかの開発者が作ってWebサイトなどで有料で販売しているものです。

この有料テーマは、初心者に扱いやすかったり、ブログ収益に特化しているなど様々なものが存在しています。

実は私も初期から使っていて、無料テーマや自分でプログラムせずに簡単に全てのデザインを実現しています。

私が使っているのはザ・トールという有料テーマです。

デザインがシンプルで美しいのとSEO(検索エンジン最適化)にかなり優れているからです。

SEOとは簡単にいうと、Googleで検索されたときにいかに上のページに持っていくかのことです。

集客という点でSEOは非常に重要ですが、自分で意識して作るのはかなり難しいです。

なので、これら有料テーマを上手く使っていくことで初心者でも本格的なWebサイトが作れるようになります。

 

やり方の説明は以上です。

あとは沢山記事を書いたり、デザインをいじっていって慣れていくだけです。

エンジニアが愛用しているSEOに強いWordPressテーマ 

数あるWordPressのテーマの中で、私が愛用しているのはザ・トールです。

私はエンジニアとしてWebサイトの制作なども行っていますが、これほどシンプルだけど美しく高機能でSEOに強いテーマはなく、導入してから収益の増加を実感しています。

もちろん初心者でもプログラミングの知識なしで本格的なWebサイトを作成することができます。

ブログを初めて副業にするもよし、自社の商品を紹介するコーポレートサイトにするもよしです。

是非公開されているデモサイトを一度チェックしてみることをおすすめします。

関連記事

https://youtu.be/480R-2-ZWwAこの記事は上記のYoutubeでもご覧になれます。必要なもののまとめ・ お名前.com【Webの住所となるドメインの取得】・ エックスサーバー【住所に建物を設置[…]