ゼロから1ヶ月でNSCA-CPT(全米資格認定パーソナルトレーナー)合格する方法

動画が望ましい方は以下を参考にしてください!

フィットネスに関する知識が全然ない方で、今後NSCA-CPT(全米資格認定パーソナルトレーナー)試験を受けようと考えている方必見です。

先週NSCA-CPTの合格認定を頂きました。

NSCA-CPT勲記

私は1年間フィットネスクラブでインストラクターをしておりました。

ですがアルバイトレベルですし、本当に正しい知識を持っていたかと思うと疑問です。

現在本業がエンジニアで、大学の専攻は経済学とフィットネスに関して専門知識がゼロに近いです。

それでも資格を受けようと思ったのは、正しい筋トレ・栄養学の知識をつけたかったからです。

私は無職期間にダラダラ勉強して1ヶ月かかりましたが、合格だけなら50時間あれば行けると思います。

ただ、NSCAの対応は基本的に遅いということは留意しておくべきです。

後で詳しく触れますが、時間に関しては目安程度と考えて下さい。では本題に入ります。

準備

 

NSCAの対応は基本的に遅いです。準備段階を早く済ませることが、最短合格への最も近道です。

(1)資格認定条件を確認

1.NSCAジャパン会員である
2.満18歳以上
3.高等学校卒業者または高等学校卒業程度認定試験(旧:大学入学検定試験)合格者
4.有効なCPR/AEDの認定者(*)
5.NSCA-CPT認定試験に合格

まず、1の通りNSCAジャパンに入会しましょう。(年会費12,960円)

2は飛ばして、3では後に行う受験申し込み時に卒業証明書などが必要になるので、早めに取りましょう。

4ではCPR/AED認定証が、受験申し込み時にはなくても大丈夫ですが、いずれ認定時に必要になり、
講習の実施も埋まりやすいので早めに取りましょう。(日本赤十字社や各自治体の消防署で受けられます。)

5の試験については後述します。

(2)受験を申し込む

次に受験条件を確認してみると、資格認定条件3の卒業証明書があればもう申し込みができます。

もう申し込んでしまいましょう!(試験代45,200円)

というのも、出願手続きが完了してから、試験代行会社PEARSON VUEで受検予約ができるのに2~3週間もかかるからです。
(その後代行会社で日程は好きに決められるのでご安心を。)

(3)テキスト、問題集、セミナー動画を購入

勉強するための教材を集めます。ここでケチっては結局時間のロスに繋がります。

最初にNSCAマイページから公式のテキスト・問題集を購入します。(合計22,184円)
こちらも届くのに1週間ほどかかるので入会した瞬間購入しましょう。

NSCA-CPT公式テキスト

届いたら分かるのですが、テキストが約700ページと非常に分厚いのに対して、問題集が約50ページで不安を覚えるほどペラペラで、内容も正直足りないです。

公式テキスト・問題集が届くのを待っても進まないので、外部の方が作っている問題集を購入します。

メルカリでNSCAと検索すれば個人の業者の方が出てきます。(費用は良心的で3,980円)内容は500問以上で解説付きと濃密なものでした。

 

非公式対策問題集

最後にNSCAマイページからCPT受検対策講座セミナー動画を購入します。

動画は全部で9つあり1つ1時間前後です。(合計14,040円)

高く感じますが、動画の内容は難しめの応用問題を解いて講師が解説を行うので受験には非常に有用です。

また、セミナー動画は購入するとすぐに見られるようになります。下の画像はサンプル動画です。

 

NSCA-CPTサンプル動画

勉強

 

本番は試験時間3時間全て記号4択で155問です。

なので、勉強段階ではいかに早く問題を解けるようになるかが重要です。

それには、とにかく問題演習して分からなかったら調べて理解、暗記できるレベルまで問題演習が最も効率的です。

時間がかかる上出るポイントも限られているので、テキストを一読してから問題を解くという方法は絶対にやめましょう。
(私は一読するのに100時間くらいかかりましたw)

(1)セミナー動画の自分用Q&Aを作成(15時間)

準備の流れで行くと、最初に使える教材はセミナー動画です。

ゼロから問題が解けるはずないので、セミナー動画で扱われるQ&Aをwordやメモなどにまとめて自分用の問題プリントを作りましょう。

動画全部に耳を傾ける必要はないので、作業に集中します。

応用問題が多く難しいので、分からないポイントはググって軽く把握程度でOKです。
多く見積もっても15時間あれば十分でしょう。

(2)メルカリの問題集を一周する(15時間)

⑴が終わる頃には、メルカリから問題集が届いているでしょう。

なので、500問以上をコツコツ解いて行きましょう。こちらの問題集は、試験比重の大きいレジスタンストレーニングがほとんどです。

問題自体は易しめですが解説をしっかり理解しながら進めて、ないところはググったり、公式テキストが届いていたら活用しましょう。

理解する時間もあるので、1周するのに15時間ほどかかるかもしれません。

(3)公式問題集を一周する(5時間)

⑵が終わる頃には既に公式テキスト・問題集が届いているでしょう。

なので、公式問題集を解きましょう。こちらの問題集は、全分野まんべんなく網羅されています。

しっかりと公式テキストの解説と照らし合わせて理解しながら進めましょう。

パターンも掴めてきたと思うので、5時間あれば1周できると思います。

(4)問題が暗記できるレベルまで反復演習する(15時間)

ここまで来たら、後は自分用Q&A・メルカリ問題集・公式問題集を反復演習するだけです。

問題を見たらすぐに答えられるレベルで暗記できたら完璧です。

そろそろPEARSON VUEにて受検予約ができる頃だと思うので、受検日の設定を意識しましょう。

ここからは個人の能力にかなり左右されるので、ここでは15時間ということにしておきましょう。

本番

 

納得がいくまで勉強が出来たら、後は試験に臨むだけです。

(1)PEARSON VUEにて受検予約する

テストセンターによって異なりますが、基本的にほぼ毎日実施されています。

日程も柔軟に変更しやすいので、早めに予約してゴール設定をしましょう。

(2)テストセンターにて受検

試験は全問題155問のうち採点されない問題が15問あるので、難しい問題も結構あります。

ただ、正答率6割強で合格になりますので、分かる問題を必ず答えて行けば合格できます。

試験時間は3時間ですが、基本的に余るのでところどころ目を休ませながら解いていきましょう。(私は1時間残して退出しました。)

合格していたら、後日認定証が送られてきます。

NSCA-CPTスコアレポート

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。あくまでもこちらは私の経験則です。

NSCAはアメリカ発の機関なので、試験に関する日本語での情報が少ないと思います。
受験者の一つの参考になったら幸いです。

私は今後NSCA-CPTの資格を生かして、トレーナーの仕事を経験したいと思っています。

また、資格更新に関しても動いていく必要があります。では、お互いに頑張りましょう。

ファスティングの資格を学んで仕事に生かしませんか?

私はファスティング(断食)・食事改善のサポートコンサルタントとして仕事をしています。

何か健康食品を食べるという足し算の健康法が主流のいま、ファスティングという引き算の健康法は注目され始めています。

ファスティングマイスターという資格を取れば、私と同じようにファスティングを仕事にすることができます。

スポーツトレーナーやヨガインストラクターの方などはキャリアアップに繋げることができます。

もちろん初心者や自分の身内の健康のために、この検定を受けるのも大変価値があります。

たまにキャンペーンでファスティング専用ドリンクが無料でもらえるので、チェックしてみてください!