日本では野放しにある最も危険な物質「トランス脂肪酸」とは?

トランス脂肪酸

「トランス脂肪酸」と言う言葉は聞いたことはありますでしょうか?

 

脂肪酸とは、脂質の成分であり、飽和脂肪酸不飽和脂肪酸に分けられます。

不飽和脂肪酸とは、トランス脂肪酸多価不飽和脂肪酸一価不飽和脂肪酸に分けられます。

 

 

トランス脂肪酸は、現代では最も人体に悪影響を及ぼす人工的な食品添加物だと言われています。

海外では、このトランス脂肪酸を規制する動きが既に行われています。

ですが、日本では野放し状態にあるのです。

 

今回はトランス脂肪酸の危険性について解説します。

人工的に作られるトランス脂肪酸は不自然

 

分子構造

 

トランス脂肪酸は、一般の不飽和脂肪酸とは異なる分子構造をしています。

普通不飽和脂肪酸はシス型と言う分子構造をしています。

それに対して、トランス脂肪酸はトランス型と言う分子構造をしています。

 

脂肪酸比較

 

トランス脂肪酸は、天然に含まれているものと油脂を人工的に作った時にできるものの2種類あります。

 

 

前者は、牛や羊などで胃の中の微生物の働きによってトランス脂肪酸が作られます。

なので、牛肉や羊肉や乳製品には天然の微量であるトランス脂肪酸が含まれています。

 

 

問題なのは、後者の人工的に作られるトランス脂肪酸です。

この主な原料は、不飽和脂肪酸であるコーン油、大豆油、なたね油、パーム油などの植物性の油です。

これらは常温で液体状の油です。

 

それから、半固体または固体状の油脂に変えるために水素添加と言う加工技術を使って化学変化させます。

ただその際に、トランス脂肪酸という不自然な分子構造になってしまいます。

また、サラダ油などの液体状の植物油も精製過程の高音処理される際に、微量ですがトランス脂肪酸が含まれます。

トランス脂肪酸はなぜ人体に危険を及ぼすのか

 

メタボリック

 

4つ理由があります。

  1. 体の中で分解することが難しい
  2. 悪玉コレステロールや中性脂肪を増加させる
  3. 善玉コレステロールを減少させる
  4. 心臓病をはじめ様々な病気の原因となる

 

トランス脂肪酸の最も恐ろしいところは、

分子構成が不自然なため、体の中で分解・代謝することが難しく、

その際に多くのビタミンやミネラルを消費されて身体に大きな負担となることです。

 

ビタミン・ミネラルは体がちゃんと機能するためには不可欠です。

トランス脂肪酸によって多く消費してしまうと障害が出る可能性が高いです。

 

また、老化やガンの原因の1つである活性酸素というものを作り出します。

寿命と直結してくる酵素もたくさん消費してしまいます。

 

関連記事

最近酵素ドリンクってよく聞きますよね?何となく身体に良いってイメージはあるけど... そもそも酵素ってなに? みたいな感じですよね。今回酵素について解説します。[…]

酵素って?

 

このように美容の観点からも注意するべき物質です。

全世界でトランス脂肪酸を規制に動いている

 

ばつ

 

カナダ・アメリカでは、心臓疾患への対応策としてトランス脂肪酸を無くそうと言う動きが起きています。

2005年、2006年にはそれぞれ食品にトランス脂肪酸の含有量表示が義務化されました。

 

南米諸国にもこの動きが広まりブラジル、アルゼンチン、チリ、パラグアイ、ウルグアイもトランス脂肪酸の表示を義務化しました。

アジアでは中国、韓国、台湾、香港でも義務化されています。

 

ヨーロッパでは食品に一定基準より多く含まれていたら違法としています。

 

2013年には今まで科学的妥当性を調べてきたアメリカの食品医薬品局がトランス脂肪酸の食品への使用に関して

「一般的に安全と認められない」

と結論づけられました。

結果アメリカでは、2018年6月までにトランス脂肪酸の食品への添加を全廃すると発表されました。

日本ではトランス脂肪酸を全く規制しない

 

日本では以下のように見解を発表しています。

 

WHO (世界保健機関)は、心血管系疾患リスクを低減し、健康を増進するための勧告(目標)基準として、トランス脂肪酸の摂取を総エネルギー摂取量の1%未満に抑えるよう提示しています。

このため、トランス脂肪酸の摂取量の水準が公衆衛生上懸念される国では規制している国もありますが、日本人のトランス脂肪酸の摂取量は、平均値で、総エネルギー摂取量の0.3%であることが分かっており、平成24年3月に食品安全委員会が取りまとめた食品健康影響評価において、通常の食生活では健康への影響は小さいと考えられています。また、トランス脂肪酸の摂取が多い方から上位5%の人についても、0.70%(男性)、0.75%(女性)で、WHOの勧告(目標)基準を下回っています。
なお、総エネルギーの1%のトランス脂肪酸の量は、年齢、性別などにより異なりますが、1日当たり約2グラムに相当します。

(厚生労働省HPより)

 

つまり、WHOでのトランス脂肪酸の規制はあくまでも健康になるための目標ですと、

日本人はその平均を下回っているから大丈夫

それにトランス脂肪酸による健康被害は小さいですよ〜

 

と言うことを言っているわけです。

 

それに対する日本の現状

内閣府の食品安全委員会の2003年のデータによる発表では、

日本人225人(30〜69歳)が16日間の食事を記録した結果、

女性の25%(特に都市部在住)、男性の6%がWHOの基準を超えていました。

 

女性では4人に1人が取りすぎになっています。

 

ただ、農林水産省は以下の見解を示しています。

日本人のトランス脂肪酸の平均的な摂取量に関する最新の調査では、いずれも平均的な摂取量が、国際機関が定めた摂取量の目標値を満たしていることに基づけば、平均的にみれば日本人のトランス脂肪酸による健康リスクは低い

(農林水産省ウェブサイトより)

 

つまり、日本人のトランス脂肪酸の平均的摂取量はWHOの目標値を満たしているから問題ない

ということですね。

 

日本では現在でも、トランス脂肪酸の成分表示は任意であり、表示に関する決まりや基準はありません。

注意するべきはショートニングとマーガリン

 

マーガリン

 

トランス脂肪酸は多く含む食品は以下です。

  • フライドポテト
  • 菓子パン
  • アイスクリーム
  • ドーナツ

など主に植物性油脂を加工に用いた子供や女性が好きそうな食品です。

 

食品ラベルに植物性油脂とあったらまず注意してください!

 

 

ショートニングとは、トランス脂肪酸の一種で、植物油、動物脂などを原料に作られた加工油脂です。

ショートニング(shortening)の由来は、shortness(脆さ、砕けやすさ)からきています。

クッキーやパイに加えてサクサクした食感を作っています。

 

アメリカで1919年ごろラード(豚から精製した食用油脂)不足に対処するために作られました。

通常の植物油より酸化しにくく持ちやすいため、広範囲で利用できます。

 

ショートニングを含む食品は以下です。

  • クッキー
  • パイ
  • アイスクリーム
  • 揚げ物油
  • お菓子
  • ファストフード

現代では沢山のショートニングを含む食品があります。

 

 

マーガリンもトランス脂肪酸を多く含んでいます。

マーガリンの原料は液体の植物油です。

 

これをバターのような個体に保つために液体状の植物油に水素を添加して個体化させています。

その過程において、トランス脂肪酸ができてしまいます。

全て避けるのは無理、だからファスティング

 

ファスティング

 

はっきり言ってトランス脂肪酸を避けることは不可能です。

現代の日本では、全く規制がされていません。

 

それに、クッキーやパイなどのサクサク感って中々辞められないですよね〜

美味しいですしw

 

ただ、病気になってからでは遅いです。

私たちが普段に何を食べているか、

それが身体にどう影響するのか

を知っておくことは重要だと思います。

 

 

避けられない運命にあるからこそ、定期的にファスティングする必要があります。

 

ファスティング をすると細胞が生まれ変わります。

体の中をまっさらにすることができます。

 

全部出すには、ファスティング以外方法がありません。

だから、辛くてもやるんです。